青汁の効果口コミ比較ランキング

青汁の選び方

青汁を選ぶ際には3つのポイントをチェックすることが肝心です。 それは、飲みやすさ、価格帯、原材料です、このページでは各項目について詳しく解説します。

飲みやすさで選ぶ

青汁の形状には、大きく分けて液状、粉末状、粒状の3タイプがあります。
それぞれによって飲みやすさは異なりますが、液状のものは鮮度や栄養価が高いというメリットはあるものの、青汁本来の苦みや青臭さがある場合が多く、飲みにくいと感じる人は多いかもしれません。
一方、粉末状のものは長期保存が可能、手軽に携帯できるというメリットがあるほか、液状のものに比べて飲みやすいというのが特徴です。そして粒状のものは携帯性や保存性がよいだけでなく、コップに注いだり、水に溶かしたりする手間もいりません。
さらに液状や粉末状のものと比較しても飲みやすくなっていますので、青汁の風味が苦手という方には粒状タイプをおすすめします。

価格帯で選ぶ

青汁を選ぶ際には価格も気になるところでしょう。
たとえば一般購入の場合でみると、マイケアの「ふるさと青汁」は3g×30包入で3,990円、送料が500円なので、1包当たり133円となります。
また、サントリーの「極みの青汁」は3.3gのものが30包入って3,780円。
送料は無料なので1包当たり126円となります。
そして、やずやの「養生青汁」は3g×31包入で3,570円、送料が300円となっているので、1包当たり115円となります。
価格や送料、入数に違いはありますが、1包当たりに換算すると、よりお買い得な商品がみえてきます。

原材料で選ぶ

青汁の原材料として代表的なのが、ケール、大麦若葉、明日葉です。
使う原材料によって含まれる栄養素もそれぞれ異なりますので、ご自分の目的に合わせて選ぶといいでしょう。
ケールには特に食物繊維が多く含まれています。
また、大麦若葉はほかの緑黄色野菜に比べてビタミン類やミネラル類が豊富なのです。
そして明日葉は「カルコン」という成分が含まれています。