青汁の効果口コミ比較ランキング

よくあるご質問

青汁の原料にはどんなものがあるの? 青汁の代表的な原料には、ケールや大麦若葉、明...

青汁の原料にはどんなものがあるの?

青汁の代表的な原料には、ケールや大麦若葉、明日葉があげられます。いずれもビタミンやカルシウム、カリウム・リンなどのミネラル類や食物繊維を豊富に含んでいることから青汁の原材料として用いられています。青汁をお召し上がりいただくことで、不足しがちな栄養素を補います。

子供が飲んでも大丈夫なの?

青汁の原材料は野菜ですので、お子さんが飲んでも大丈夫です。ただし、食物繊維が多く含まれている青汁もあるので、一度に大量に飲んでしまうとおなかを壊してしまう可能性があります。胃腸が未発達の幼児の場合は消化が悪いので、摂取する量には注意する必要があります。

妊婦が飲んでも大丈夫なの?

飲んでいただいても大丈夫です。青汁の中には多くの栄養を含まれています。青汁を普段の食事と併用することで、栄養不足を補うことができます。ただ、体質によっては青汁が体に合わない方もいらっしゃるので、ご心配な場合はかかりつけの医師にご相談の上、お召し上がりください。

薬と併用しても大丈夫ですか?

青汁は食品ですが、病院からのお薬を服用されている場合はかかりつけの医師にご相談の上、医師の指示に従ってお召し上がりください。ワルファリンを服用されている方は、青汁に含まれているビタミンKによってワルファリンの効果が打ち消されてしまうため、摂取をお控えください。

おいしい飲み方はありますか?

牛乳や飲むヨーグルトに混ぜることで、苦みがあるものはその苦味がマイルドになり、飲みやすくなります。また、野菜ジュースやお好みの飲み物に青汁を混ぜていただいても飲みやすくなります。ただし、青汁の種類によってはリンゴジュースで溶かしてしまうと栄養素が壊れてしまう場合があるので、お控えください。

飲みやすい青汁はありますか?

主原料によっては青臭さや苦みが強く、飲みにくいものがありますが、大麦若葉や明日葉を使用した青汁は青臭さや苦みは少なく飲みやすいです。また、飲みやすくなるような工夫を凝らしている青汁もありますので、ご自身で飲み比べてみて一番飲みやすい青汁を探してみてください。

1日の摂取量はどれくらい?

青汁は食品なので、毎日飲まなければならない量は決まっていませんが、1日に1杯~2杯を目安に飲まれることをおすすめします。青汁は不足しがちな栄養素の補充を行うものなので、日頃の食事や生活のしかたなどによって、量を加減してお召し上がりください。初めて青汁を飲まれる方は、体調に合わせて量を調整しながらお召し上がりください。

作り置きしても大丈夫ですか?

保存料不使用の青汁が多く、作ってから長時間放置してしまうと栄養素が失われてしまうので、作り置きはおすすめしていません。そのため、お召し上がりの度に作っていただいた方が、より青汁を効果的に摂取できます。どうしても、まとめて作り置きされたい場合は、清潔な容器に移して必ず冷蔵庫に保管し、その日のうちにお召し上がりください。

いつ飲むのがいいですか?

食品ですので特に飲むタイミングに決まりはありません。青汁に含まれる栄養素の吸収率をより高めるには、空腹時に召し上がられると良いでしょう。ただ、青汁は毎日飲み続けることが大切なので、ご自身の生活リズムに合わせてお好きなときにお召し上がりください。

どれくらい飲み続けたらいいですか?

青汁は野菜不足を補う食品ですので、即効性が期待できるものではありません。無理せず、ご自分のペースに合った飲み方でお召し上がりいただいて構いません。ただ、早期に見切りをつけず最低2~3か月は続けられると良いかと思います。